検査対象から選ぶ

ホーム > 検査対象から選ぶ > メンテナンス/電力

電力

原子力発電所の圧力容器や配管の溶接部の検査に超音波探傷や過流探傷が用いられます。き裂が発生している場合、その高さを測定し、安全上問題ないかを確かめるためにフェイズドアレイ超音波探傷が用いられています。
送電線や電気設備の異常は赤外線カメラで検査可能です。