技術情報

ホーム > 非破壊検査技術情報 > ボリュームフォーカシング技術

ボリュームフォーカシング技術

ボリュームフォーカス技術は弊社で開発したフェイズドアレイ超音波探傷の技術です(特許3704065) 。 従来のフェイズドアレイスキャン方法は次の通りでした。

  • リニアあるいはセクタースキャンでは送信ビームは一方向に向けられ、フォーカスポイントは軸中心にある。
  • DDFあるいはゾーンフォーカスでは一度に1つのポイントに焦点を結び、それからビームにそって続いて移動する。

一方ボリュームフォーカスは、横断面全体(たとえば試験体の体積)を1度にスキャンするという、新たな方法です。全てのエレメントを同時に励振させることで分散しない1つの平面波を作ります。

並列にならんだそれぞれのエレメントは底面や介在物、きずなどからの反射したパルスエネルギーを受信します。そしてパラレルデジタルハード処理によってリアルタイムにBスキャンやCスキャンを作成します。

概念的にはボリュームフォーカスはDDFと似ていますが、ボリュームフォーカスは深さ軸に沿ってだけでなく、すべての横断面あるいは体積を網羅できます。

ボリュームフォーカシング