技術情報

ホーム > 非破壊検査技術情報 > パルス反射法

パルス反射法

超音波探傷試験に用いられる超音波にはパルス波と連続波があり、現在ではパルス波が広く用いられている。

また、試験体中を伝搬してきた超音波の受信の仕方、つまり送信した探触子で受信するのか、別の探触子で受信するのかにより反射法と透過法に分類される。
反射法はきずや底面の反射波により探傷を行うもので、試験体の同一表面(探傷面)で超音波を送受信する。
透過法は、きずや試験体の組織による超音波の減衰から内部の状況を判断するもので、試験体の異なる表面で超音波を送受信することが多い。

現在、一般的に行われている超音波試験は、パルス法を用いた反射法で、これをパルス反射法と言う。